2014年11月07日

公民館開設50周年展示作品

八色石集落が属する地域の公民館が開設されて、今年が50周年にあたります。
これを記念して公民館ではこれを祝う式典が計画され、イベントの一つとして、作品展示会が開催されます。地域住民が自作の作品を応募し、これを展示するものです。
式典は11月8日に挙行されますが、展示会はその前後、5〜12日の間開催されます。
我が家では、Mはこの展示の実行委員になっていることもあって以前から作品を応募するつもりのようでしたが、Kの方は応募期限間近になって応募することにいたしました。
Mの展示作品は、糸を地元で採った草木で染め、機で織り、バッグに縫い上げたもの3点が一つ、そしてもう一つが登山を中心に書き留めたはがき絵を額装したものです。
一方Kの展示物は、以前作り貯めた篆刻を一枚の和紙に刻印したもの、もう一つが自作のパソコン用フォントで良寛の漢詩を印字し額装したものです。この自作パソコンフォントは昨冬に製作したもので、およそ8000字を手書きし編集しました。




IMGP9979.jpg

我が家の展示作品



IMGP9989.jpg

Mの「染めて、織って、縫って」



IMGP9988.jpg

Mの「葉書で楽しむ山の時間」



IMGP9977.jpg

IMGP9978.jpg

Kの「朱白の世界」、下は印の現物



IMGP9976.jpg

Kの「手書きフォントで良寛詩」



IMGP0406.jpg

公民館入口の式典案内



IMGP0407.jpg

展示会場 @



IMGP0409.jpg

Mの展示



IMGP0410.jpg

展示会場 A



IMGP0413.jpg

Kの展示


-










posted by 八色石里庭物語 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。