2008年06月22日

腰、何とか快方の兆し

1ヶ月前、不調の掲載をして以来何も報告していませんでした。
この間

大勢の方から
 如何? 
 これまでが、無理だだったのダ
 大きな病院で診てもらったら!
 コルセットしとる!
 無理したら駄目ヨ

 
等など
 お心遣いや
 ご忠告を頂きました。

御礼申しあげます。


その後の経過ですが、
 なかなか良くなる気配を感ぜず
 6月10日、広島市民病院で受診しました。
 
結果
 「腰痛は1度かかると直るに3ヶ月は必要、骨も異変は無い模様。も少し、様子見で大丈夫、これまでの病院でそのまま治療継続でよいでしょう」との診断でした。
そんなことがあってか、「3ヶ月は仕方ない」と覚悟を決めてから、なんだか少し気分が楽になり、一方身体の方もここのとこ少し良いような気がします。
治療の中に「腰痛体操の指導」もあり、継続実行中でもあります。


腰痛気配を感じたのが4月半ば、すでに2ヶ月半を過ぎました。この間、刈払い機を1度も使用せずじまいです。少々機刈払い機が恋しくなり始めました。(自走式は十分活躍していますが・・・)
7月に入れば負担の少ないところで短時間使用して見ようか、と思い始める程になっています。

いずれにしても快方に向かっている模様であることを、ご報告申し上げます。



posted by 八色石里庭物語 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。