2008年07月02日

猪対策

前報以降、3日(6/28〜30)続けて襲撃を受けた。

彼らにとれば「生きる糧」と博愛精神で構えるつもりで居たが、
さすがに、シビレを切らし対応に出た。

現場を見ると、通り道がある。



ここが急所と思われる処に有刺鉄線を張ってみた。長さ約12m。

IMGP6665.jpg




白く見えるのは人間用の目印。
白い紐の下に茶色(錆びたものが残っていた)に見えるのが鉄線。

IMGP6666.jpg


本日確認したところでは、襲撃はなし。
但し、油断はまだまだ出来ない。

posted by 八色石里庭物語 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。