2008年09月01日

モデムが被雷

先週からインターネットに接続出来ない状態になっていた。

当初は、プロバイダー会社のトラブルかと思っていた。金曜日のことである。昼頃になっても接続できない。
のんきな会社だと感じつつ、社協にあるパソコン1台が同じプロバイダーに接続されていることを思い出し、電話で確認すると「接続する」との返事。

さては「我が家が原因?」と初めて機器の点検作業に入った。モデムのアラーム表示が赤く点灯している。
金曜日未明、当地方大雨警報が出され雷も近くで轟いていたことを思い出した。

雷にやられた!と、ことの真相に気づいたのは午後かなり遅くなってからである。

プロバイダー会社と連絡をとる。1、2調整法の指示があり、試みるが回復しない。故障の確立が高いことから
・貸与品を送る。これで回復したら「当該品は故障」の証明。
・新規品の購入手配に入る。
の手続きを行うこととなった。

本日(月曜日)夕刻、貸与品が到着した。

旧品と交換しインターネットに接続してみると無事画面が表示された。

ほぼ4日インターネットに接続不可の日が続いた。少し物足りない感じがしないでもなかったが、これはこれ、また長閑な日々でもあった。

posted by 八色石里庭物語 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。