2008年10月24日

初めて柚子が実を付けました

引っ越して7年目になりますが
初めて柚子の木が実を付けました。

IMGP8966.jpg

実は1ヶ。しかし貴重な1ヶです。

どこになったか、お示しいたしましょう。

IMGP8969b.jpg

拡大写真を見てください。説明が見えると思います。


この木、引っ越したときにはすでにあり、木の高さも現在に近いものでした。
したがって、優に15年は越すと思います。
しかし、これまでは一向に実を付ける気配はありませんでした。

それでも「桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年」という言葉があるように、Mは希望を持っていたようで
 冬季に風除けをしたり
 他で出来た柚子の実をこの木の枝に刺してみたり(木を誤魔化すため実を刺すと出来る、という言い伝えがあるらしい)
など、しておりました。



2年前苗木市に出向いた折、この柚子の木に絶望しているKは、新たに柚子の苗木を購入。二の畑に植えました。
その苗木の現在の様子は

IMGP8968.jpg

と、芳しくありません。



今回のみは、KがMに脱帽という程です。



-
posted by 八色石里庭物語 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。