2008年12月07日

屋内に設置となりました

やはり屋内に設置することにしました。

ところで、どこに置くか?

我が家では家の構造上、この冷蔵庫の場所しかありません。

IMGP0172.jpg




前準備として、受け皿作り。
材料はコンクリートを混練するための容器です。

IMGP0174.jpg




壁への工事は自分では無理。八色石に在住の大工さんに依頼しました。

IMGP0180.jpg




出来上がりは、こんな感じです。

IMGP0182.jpg


IMGP0214.jpg




しかし、窮屈な感じで冷蔵庫を再移動したり、吸気が思わしくなく煙突を高くしたりなどの追加作業を行い、最終こんな感じになりました。

IMGP0240.jpg


IMGP0237.jpg


IMGP0231.jpg




9坪弱の台所なら外気温度プラス20度Cは出そう。我が家の構造では、隣の部屋までの昇温能力はどうもなさそうです。
予想以上に燃料が必要なことも判りました。

大工さんの費用を含めた総工費は5万円強でした。これで、冬の寒さがしのげるか、はたまた新たな問題に遭遇するか!
と、前報と合わせこの1週間余りの薪ストーブ物語です。



-
posted by 八色石里庭物語 at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー!ちょっと見ない間に薪ストーブが!!
これであの広いキッチンも今年の冬は暖かそうですね。
煮物もできるし。
それにしても、なによりストーブの上に乗っている鉄ビンがすばらしい。
さすがまつこさんと旦那さんです!
Posted by 文庫あるじ at 2008年12月10日 20:39
万年山文庫

http://blog.livedoor.jp/tnkn/archives/2008-10.html#20081013

のようにはゆきませんが、
それでも、チロチロする炎の前で

時のたつのを忘れる、時を楽しんでます。
Posted by K&M at 2008年12月12日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。