2009年06月10日

山葡萄に実がなりました

帰郷2年目に、山葡萄の苗をインターネットで取り寄せ植えました。
その数4本です。途中移植などし成長に差がでました。結果大1、中2、小1という状況になっています。

植えたものの昨年までは一向に実がならず、もはや実についてはあきらめていましたが、今年1本が実をつけました。

IMGP2674.jpg
(写真を拡大してください。説明書きがあります)



実をつけたところはこんな感じです。

IMGP2671.jpg
(数十房は実をつけました)



実をつけない箇所はこんな風に花が枯れてしまいます。

IMGP2678.jpg



秋になり収穫できれば、ワインになる予定です。



(補足)
なぜ実のなるものとならないものが出るのか、理由が判らないでおります。ご存知のかたがあればご教示ください。



-
posted by 八色石里庭物語 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。