2011年01月18日

雪害

昨年クリスマス時から降り始めた今年の雪は、現在まで断続的に降り続き累積としては結構な積雪となりました。
これにより、我が里庭においても幾つかの雪害が出てきております。
生活に支障が出るというわけでは有りませんが、雪解け後復旧できるものとそうでないものがあります。
また、積雪も1m近くになり、里庭内全てを点検したわけではありません。春になり、雪が完全に溶けるとこれ以外にも見つかるものと思われます。

雪害の幾つかを例示して見ます。


花桃の枝が折れました。濃いピンクの花を咲かせる木。折れた枝は切り取るしかないと思っています。

IMGP9727.jpg




山葡萄の棚が壊れました。一式作り変えになるでしょう。風情には欠けますが鉄パイプで再建かと考えています。

IMGP9731.jpg




裏山から引いている山水が断水しました。ゴムホースで約300m引いているのですが、途中の接続部が外れたものと思われます。雪の下、外れた箇所を探し出すのが困難で雪解けまでは復旧できないでしょう。

IMGP9725.jpg




小鳥の餌箱が壊れました。雪の重みで上部本体が落ちました。これは近々直す予定です。

IMGP9724.jpg



-
posted by 八色石里庭物語 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。