2008年10月03日

相討ち

マムシ(この地では「ハミ」という)の子供が蛙を飲み込んでいるのに遭遇した。マムシの体長およそ30Cm。場所は横庭。

カメラを取り、戻ってみるとまだ格闘している。
何枚かシャッターを押した。その内の一枚が次の写真。

IMGP8677.jpg
(蛇や蛙が嫌いな人のため、わざとサムネイル写真は小さくした)


マムシが敷地内に生息するのは無用心。博愛主義者でも殺さざるを得ない、と鍬をとり殺そうとする。鍬の先で少し突く。どうも動きが無い。よく見ると蛇も蛙も死んでいた。



理由は判然としない。
のまれながらも、蛙が何か仕掛けたか?

それなら、見事な相討ちである。



posted by 八色石里庭物語 at 05:30| Comment(3) | TrackBack(3) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

仏法僧のつもりが

昨年12月仏法僧の巣箱を取り付けた。営巣時期は5〜7月という。
5月頃から期待していた。



最近、小鳥が頻繁に飛来する様子が見える。

さては!


と、思うが
小鳥の大きさが少し小さい。


フィールドスコープを持ち出し、写真にした。


四十雀らしい。

IMGP6721.jpg


餌を咥えて巣箱の中に入る。

IMGP6725.jpg





裏庭に巣作りした四十雀は歓迎したが、仏法僧用の巣箱を四十雀に占領されるとは想定外であった。



今年の仏法僧の巣作りは、最早あきらめムードである。








posted by 八色石里庭物語 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

襲撃

猪の襲撃。


我々にとれば「襲撃」であるが
彼らにとれば「生きる糧」

と、大目に見るつもりでいるが・・・





これは、欅台のところ

IMGP6500.jpg

これは、義衛台のところ

IMGP6501.jpg

これらいなら許容値である



ところが、雑木並木の横に

IMGP6517.jpg


さらに、原生雑地に長さ約5m

IMGP6504.jpg


長さ、約10m

IMGP6508.jpg


長さ、約15m

IMGP6512.jpg


と3箇所の掘り起こしをされた。

こうなるとさすがに「襲撃」と呼ばざるを得ず。
修復に半日要した。



記載以外に数箇所
今年は特に多い感じ。

posted by 八色石里庭物語 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

散歩がてら

散歩を兼ねて『勧ヶ原』に行ったところ、先方も散歩の模様。
ふらふらと登場。

IMGP5957b.JPG

おり良くカメラを持っていたもので、無断で撮影。

先方気がついて、走り去りました。
posted by 八色石里庭物語 at 21:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

メダカが来た

Mがメダカをもらってきた。実家の近くの知人から。

追々は睡蓮鉢のボウフラ退治が目的である。ただ、ボウフラ繁殖には未だ時間があり、当分の間はあり合わせのガラス容器で飼うことにした。

飼うと言っても餌は不要らしい。水草を入れる程度。横着ぞろいの我が家では格好の”ペット”である。

IMGP3637.JPG

IMGP3640.JPG

少し赤みの付いたのや大小あわせて9匹の世帯である。

訂正
Mからクレームがついた。
餌は必要。写真掲載のもの給餌している由。

IMGP3708.JPG


posted by 八色石里庭物語 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。