2012年09月25日

大傾斜の草刈りです

9月初旬から秋の草刈りが始まっています。10月下旬まで続きます。
その中で、今刈っているのは「大傾斜」と名づけている場所。面積が広大なこと、そして傾斜のあることの二つの要素が重なり、里庭内でも難所の一つです。
作業時間は刈るだけで6〜7時間。丸一日の作業です。

秋も深まりつつあります。


IMGP7751.jpg



IMGP7752.jpg



IMGP7756.jpg



IMGP7763.jpg





posted by 八色石里庭物語 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

猪の襲来

欅台の入り口に猪が出ました。我が家からの距離はおよそ30m。至近距離です。
欅台そのものには、年に一度程度は出没し軽く地面をなめるように掘り起こしたりいたしますが、この入り口付近を大きく掘り起こされたのはこれが初めてです。
数年前猪対策の木製柵を所々に配置しましたが、ほとんど効果なく今は出るに任せる状態です。ただ畑などの重要箇所には電柵を張り防御しています。
さて今回の入り口付近、修理はおよそ30分で完了しましたが、地面を覆う野芝の復旧には2〜3年はかかるでしょう。



至近距離への出現です
IMGP7038.jpg



結構深く掘り起こしています
IMGP7034.jpg



階段部も
IMGP7042.jpg



修理後の様子
IMGP7043.jpg



階段付近
IMGP7044.jpg



-
posted by 八色石里庭物語 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

仏法僧

平成19年の12月に仏法僧の巣箱を作ったのですが

詳細は ---> こちら

その後一向に姿を見せず、仏法僧の現れる場所からかなり離れているから「里庭」には来ないものとあきらめていました。

ところがです。本日現れました。しかもペアでです。
「ギャーギャー」という泣き声、赤い嘴。まぎれも無く仏法僧でした。巣箱に止まるなどしばらく留まっていなくなりました。
また戻って巣作りしてくれることを願っていますが・・・。
新しい動きが出ればまた報告します。

IMGP6277b.jpg



-

posted by 八色石里庭物語 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

りんごの剪定

マルティン・ルターの言葉か「例え明日が世の終わりでも、私は今日りんごの木を植える」というのがあります。これをまねした訳ではありませんが、我々も移住して程なくりんごの木を植えました。
ここ2、3年、数個の実がなりますが、動物に食べられたりなど今だ果実の恩恵に浴していません。
手入れも不十分で、剪定もこの数年しておらず自業自得ということでしょう。
そこでこの度、心を入れ替え剪定をしました。伸び放題の徒長枝を全て切り落とし不要と思われる小枝を除きました。これが理に適った剪定か否か判りませんが外見だけはすっきりとしました。
功を奏して、実がなるよう願うことにいたします。


剪定前

IMGP5848.jpg



剪定後

_IMG1711.jpg


-


posted by 八色石里庭物語 at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

椎茸が採れました

今年も椎茸がとれました。春と秋の年2回採れます。
原木に菌を植え付け栽培するのですが毎年植えつけると少し取れすぎるので、我が家では2年に1回の頻度で植えつけています。植えつける菌の数は千個です。一度植えつけた原木からは3〜4年は収穫できます。
収穫した椎茸は一部は生で食べますが、大半は乾燥し干し椎茸にいたします。
原木を倒したり、菌を植えたり、と植え付け作業はなかなか大変なところもありますが、自家栽培して食するのは楽しみでもあります。


原木に生えているところ

IMGP5282.jpg



収穫しました

IMGP5285.jpg



乾燥機外観

IMGP5323.jpg



加熱機は灯油ストーブ

IMGP5325.jpg



並べたところ

IMGP5327.jpg



完成品

IMGP5330.jpg


-






posted by 八色石里庭物語 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

染井吉野を植えました

里庭内には、山桜、八重桜、彼岸桜、枝垂桜が大小合わせて合計20本余りありますが、染井吉野は1本もありません。
「帰ってきて、すぐ植えておけば今では随分大きくなっていたろうに」と言いながらも、なかなか植えるまでには至りませんでしたが、この度ようやく苗木を求め染井吉野を植えることになりました。
植えた場所は見晴らしの良い『知足庵』の前。ただこの場所、赤土で土質がいまいちなのが気になります。
大きくなって、春、満開の花をつけるのを願っています。



知足庵の前に植えることにしました

IMGP5055.jpg



腐葉土をたくさん混ぜます

IMGP5057.jpg



水を入れて

IMGP5059.jpg



今練します

IMGP5061.jpg



八色石集落が見渡せます

IMGP5064.jpg



知足庵から眺めるのも良いかも

IMGP5065.jpg


-






posted by 八色石里庭物語 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

大寒波

少し古い話になりますが2月19日の朝は記録的な寒波でした。アメダス瑞穂ポイントの値になりますが-15.2℃。1981年2月28日に-16.3℃を記録して以来史上2番目の寒さでした。
その影響で屋内各所の水道が凍って断水の状況。順次解けて台所は早めに通水したのですが、トイレが通水したのは3日後のことでした。「通水」と喜んで使用開始するも、床下の配管部で異音がするようです。蛇口を全て閉めて水道メーターを確認してみると、メーターが回転しています。漏水です。
やむなく水道の元栓を締めて断水の状況にし、業者に修理の依頼をしました。
業者のほうも、依頼が立て込んでいるようでなかなか来てもらえません。来てもらったのは2日後のことでした。
この間、炊事、洗濯、風呂、トイレと使用できず、大層不自由な生活を経験しました。



食器はまとめ洗い。

IMGP4804.jpg



すすぎは裏の山水を使用しました。

IMGP4799.jpg


IMGP4792.jpg



業者にきてもらって修理。トイレ外壁を壊す作業となりました。

IMGP4858.jpg




配管のつなぎ部から水が噴出。

IMGP4877.jpg



配管をつなぎ直して修理完了。

IMGP4882.jpg



-
posted by 八色石里庭物語 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

雪の中から野菜の掘り出し

雪の中から野菜を掘り出しました。
野菜の保存法としては一旦掘り出した野菜を土に埋めなおすなどありますが、我が家では根付きのまま保存します。そうすると野菜は、凍るのを防ぐため自ら糖分を蓄えより甘くなります。
こうして保存したものを掘り出すのです。
今次寒波では40Cm弱の雪が積もりましたが、その中での掘り出しとなりました。


スコップで雪を掻き分け

IMGP4480.jpg


掘り出します。

IMGP4487.jpg


掘り終わってほっと一息

IMGP4489.jpg


スノウダンプに乗せて

IMGP4497.jpg


家まで運びます。

IMGP4494.jpg


掘り出した野菜は泥付きです。

IMGP4502.jpg



-
posted by 八色石里庭物語 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

薪小屋の雪降ろし

12月に降った雪が消えずにいて、新たに1月2日からの雪が加わり合計40Cm程度になりました。
昨年の積雪時、雪の重みに耐えかねて薪小屋が倒壊したのを反省し、今年は早めに雪降ろしを致しました。
12月の雪はザラメ状になっており、単位面積当たりの重量はかなりの重さになっています。
薪小屋の高さが低いので、作業自体は困難を伴うものではありませんでした。



作業前の状態

IMGP4280.jpg



作業中の様子、後方から梯子をかけてのぼります。

IMGP4284.jpg



作業終了後の様子

IMGP4287.jpg



1時間弱の作業でした。




-
posted by 八色石里庭物語 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

置石

家の前が殺風景に思われ丸石を置いてみることに致しました。
以前石臼の古いものをを3ヶ置いたこともあるのですが、石臼を足で踏む場所に置くのは良くないと言われ、取り外した経緯もあります。
今度は御影石の切石ですから、問題ないと思います。



鶴嘴で土を掘り

IMGP3570.jpg



レーキでならします

IMGP3572.jpg



出来上がりはこんな感じ

IMGP3577.jpg



平成23年11月半ばの事でした。

IMGP3578.jpg



-
posted by 八色石里庭物語 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。